声優をこよなく愛す『声』の魅力に取り付かれた管理人の日常
<
劇場版黒子のバスケLAST GAME
2017-03-23 17:22


黒子の映画が公開されましたね。
MIZは初日舞台挨拶に行ってきました。2ヶ所はしごでした(^_^ゞ

まずは朝一で新宿。
8:50開始なので5時起きで色々と支度して出掛けましたよ~(´Д`)

登壇者は…
小野賢章、小野友樹、神谷浩史、諏訪部順一、小野大輔、木村良平、鈴村健一、緑川光、稲田徹、多田俊介監督(敬称略)

キセキの世代が全員集合ですよ!
神谷さん曰く、キセキの世代こわ揃ったのは3回目だとか。
アフレコで1回、イベントで1回(黒バスカップだよね)、そして今回。
かなりレアでしたね(///ω///)♪

新宿が終わると、キセキの世代のキャストがふたてに分かれて何ヵ所か回ったようですね。

MIZは諏訪部さんを追って(?)横浜へ。
こちらの登壇者は…
小野友樹、諏訪部順一、木村良平、多田俊介監督(敬称略)

新宿では上映後、横浜では上映前と上映後、計3回の舞台挨拶に参加した訳ですが、やはり上映後の方が断然面白かったですね。
ネタバレを気にせず好きなトークが出来ますからね~。

監督も含め、皆さん言及していたのは、映像のクオリティーの良さ。
全体の2/3が、試合などバスケをしているシーン。
監督曰く、TVシリーズの3倍位の原画枚数だったとか。スタッフの努力たるや、さぞかし…(@_@;)

内容はネタバレがあるので控えます。
もう少し時間が経ってから書こうかと。
(覚えていたら…かも?)

映画は“LAST GAME”に相応しい集大成的な印象。
コミックの“EXTRA GAME”を元にしていますが、原作者の藤巻先生書き下ろし部分もあり、見ごたえのあるとても素敵な作品になっていると思います。

書き下ろしの部分ですが、藤巻先生から提示されたのが、俗に言う“ネーム”と言うものだったそう。
ペン入れしたらすぐにコミックになるんじゃね?と言うクオリティだったそうで、それを見た監督始めスタッフは、『が、頑張らねば!』と気合いが入ったとか(笑)

これから見に行かれる方は是非楽しみにして下さいね。
MIZもまた日を改めて見に行きます!
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ACCAコラボカフェ | ☆Reaching for Stars☆Blog | SING/シング 続き。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ☆Reaching for Stars☆Blog |
「ラブミーテンダー」応援中! 「Bloody Call」応援中! コロムビアミュージックエンタテインメント|フェロ☆メン「いろは唄」2010年3月24日発売 日本コロムビア|フェロ☆メン「MIDNIGHT☆BUTTERFLY/絶愛パラノイア」2011年6月29日発売