声優をこよなく愛す『声』の魅力に取り付かれた管理人の日常
<
TOKYOヤマノテBOYS 2013 ALL STAR :その1.
2013-03-20 04:43


このところやたらとご縁のあるRejetの作品の一つ、『TOKYOヤマノテBOYS』。
前にも書きましたが、MIZはこの作品、マジであらすじくらいしか知りません…
せめてドラマCDとかが出ていればチェックしたのですが、歌関係のCDしか出ていないですよね?
…あ。DJCDは買ったのに聴く時間が無くそのまま…^^;
もりもりとべったまを含む豪華キャストが勢ぞろい…という事で頑張って昼の部に参加してきました♪
レポというより覚書ですが、思い出しながら少し書きたいと思います。

ゲームは、都内No.1高校生を目指す9人のスーパー男子高校生による告白大会(ラブロワイヤル)。
プレイヤーは“プリンセス”と呼ばれる1人の女子高校生になり、9人の中からただ1人のプリンスを選ぶというもの。
そう、みんな高校生なんですよね~(笑)

イベント前半は、朗読劇っぽい感じ。
春の卒業シーズンですが、全員“留年決定”!?
プリンセスに満足してもらえれば、無事に卒業(or進級)出来るとプレジデントに言われ、あの手この手でプリンセスを喜ばせよう…という事に。

会場の幕張アンフィシアターは、円形で、せりや回り舞台など色々と仕掛けのある面白いステージ。
スクリーンでキャラが1人ずつ紹介され、その後、暗転したステージに、せりでキャストが登場。
まずは虎太郎@森久保祥太郎さん、ルーシー@梶裕貴さん、イエス@浪川大輔さん、恭平@森川智之さん。
遊園地でプリンセスを楽しませようというシチュらしい。

最初の方で、ジェットコースターが苦手な虎太郎がイエスに命令されて回り舞台で1周回ったので、全員1周ずつするかと思いきや、結局回ったのは虎太郎だけでしたね。回ると、客席は大喜びなんですけどね(笑)
結局、1人ずつプリンセスに思いを告げる展開に。
ステージの真ん中でピンスポットを浴びて(^^)
ルーシー、虎太郎、と来て、恭平にたきつけられて、嫌々ながらイエスも。
「めんどくせぇ…」と言いながら、最後に『愛してる…』なんて言うもんだから、会場は黄色い悲鳴で大変でした(笑)
すると、何と、恭平までステージの真ん中に!
「お前もかよっ!」と言われながらも、しっかりと告白。
ありがとう、もりもりvvv

あれれ…長くなってきた(笑)つづく!
スポンサーサイト
別窓 | 舞台・イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドーナツも桜v | ☆Reaching for Stars☆Blog | 土方さんっ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ☆Reaching for Stars☆Blog |
「ラブミーテンダー」応援中! 「Bloody Call」応援中! コロムビアミュージックエンタテインメント|フェロ☆メン「いろは唄」2010年3月24日発売 日本コロムビア|フェロ☆メン「MIDNIGHT☆BUTTERFLY/絶愛パラノイア」2011年6月29日発売